同業他店による弊社webサイトデザイン等の類似物の作成、当サイト内の画像の無断使用(広告サイト様は無断使用可)、弊社とは無関係の掲示板等への無断リンク等についての考え方。

http://ero-cic.kir.jp/とhttp://emc.kir.jp/及び以下のページ内全ての画像、文章、他表示される全ての物の著作権はエロティックテーマパークにあります。広告サイト様以外のそれらの無断使用、又は無断で掲示板などにリンクするなどの行為は厳重に取り締まり、それによって弊社に損害を被った場合、予告無く裁判所へ告訴致します。

商標法

「エロティックテーマパーク」は商標登録です。登録第5225249号

登録商標とは:一定の質を有する商品や役務の提供を継続すると、その商標には業務上の信用が化体し、財産的価値が備わるようになる。この財産的価値は、商標権として、産業財産権の一つと位置づけられ、条約や法律による保護対象となっている。商標法に基づいて登録された商標を登録商標という。

登録商標侵害行為とは:この場合では「エロティックテーマパーク」の文字列を無断使用する事を指します。また侵害行為に該当してなくても侵害の予備的行為に該当する場合や、商標登録されていないのに登録がされているかのような虚偽の表示をすることも犯罪になります。(商標法78条の2、商標法80条)


登録商標侵害の罰則

商標法78条・商標権を侵害した者には、10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金、又はこれらが併せて科されます。

商標法82条・法人の代表者、従業者がその業務に関し、侵害行為をした場合には、その行為者が罰される外、法人にも3億円以下の罰金刑が科されます。


著作権法

著作権とは:著作者が著作物を創作したときに発生し、登録をしなくても保護されます(無方式主義)。

著作権法違反行為とは:著作者の許諾を得ず、著作物、又は著作物の類似物を作成しそれをテレビやケーブルテレビ、ラジオで放送したり、インターネットで配信(自動公衆送信)することは、公衆送信権の侵害となる。

著作権、著作隣接権、著作者人格権侵害の罰則(親告罪)


著作権法侵害の罰則

著作権法119条・著作権、著作者人格権、出版権、実演家人格権又は著作隣接権を侵害した者は、5年以下の懲役又は500万円以下の罰金、又はこれらの併科に処せられます。

無設定・さらに、営利を目的として、公衆の使用に供することを目的として設置されている自動複製機器を著作権等の侵害となる複製に使用させる行為についても同様の罰則が規定されています。

著作権法124条・法人の従業者等が、その業務に関し違反行為を行った場合は、行為者のほか、法人に対しても罰金刑が科せられます。

著作権法124条1項1号・平成16年の著作権法改正で、法人の罰金の上限額が、1億円から1億5000万円に引き上げられました。(著作者人格権あるいは実演家人格権の侵害の場合を除く)


名誉毀損罪・侮辱罪・信用毀損罪

名誉毀損・侮辱・信用毀損とは:

「名誉」とは社会に存在するその人の評価としての名誉となります。「毀損」とは、事実を摘示して人の社会的評価が害される危険を生じさせる事。大審院によれば、現実に人の社会的評価が害されたことを要しないとされています。

摘示される事実は、人の社会的評価を害するに足りる事実であることが要求されます。伝聞のものであろうが無根のものであろうがその事実の内容の真偽を問いません。また、公知の事実であると否とを問いません。事実を摘示せずに、人に対する侮辱的価値判断を表示した場合は、侮辱罪の問題となります。

名誉毀損罪における事実は、必ずしも非公知のものであることを要せず、公知の事実であっても、これを摘示表白した場合は同罪を構成します。

被害者の人物の批評のようなものであっても、刑法230条にいう事実の摘示であることを妨げません。

うわさであっても、人の名誉を害すべき事実である以上、公然これを摘示した場合には名誉毀損罪が成立します。

被害者の氏名を明確に挙示しなかったとしても、その他の事情を総合して何人であるかを察知しうるものである限り、名誉毀損罪として処断します。

信用毀損罪とは虚偽の風説を流布し、または偽計を用いて、人の財産的信用を毀損した場合に成立する。名誉毀損罪同様、抽象的危険犯である。危険犯(危険犯とは法益の侵害が具体的に発生していなくても、法益侵害のおそれがあれば実現する犯罪を言う。)であり、現実に人の信用を低下させていなくても成立する。

侮辱とは事実を摘示しないで名誉を毀損した場合に成立するとされる。


名誉毀損、信用毀損、侮辱罪の罰則

刑法230条1項1号・公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する。


ご利用にあたってのお願い

インターネットサイト掲示板サイトへの当店の店舗名及びURL、電話番号、事実無根、根拠の無い悪質な内容の書込みは一切お控え下さい。名誉毀損罪等に該当するもの、著作権の侵害に該当するものに関しては、書き込んだ個人と(いつまでも削除依頼に対応して頂けないなどあった場合は)掲示板運営者に対し法的処置を執らせて頂きます。両者とも示談には一切応じません。必ず刑事責任を追求するものとします。

尚、当店は無店舗型性風俗特殊営業営業開始届出書埼玉県公安委員会【H18.7.28受理番号43200611402エロティックテーマパーク】として法律を遵奉し運営しております。